元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

突然分配が止まってからというもの1円たりとも返ってきていないグリーンインフラレンディング。

https://jcservice.co.jp/news/20200520.pdf

募集額の85%の入金目処ということですが、いつ投資家のもとに返ってくるのでしょうか。

2018年に遅延が発生してからというもの、すでに2020年です。

単なる時間稼ぎではないというのなら、何分の一かでも返済があって然るべきではないでしょうか。

堂が歪んで経が読めぬ。

とばかり言う者は、金融業界では融資お断りの先と相場が決まっています。

コロナ問題が発生するまで多くの時間的猶予がありました。残念なことですね。 ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

クラウドリースがついに破産開始決定をうけました

一般投資家4000名の損失と引き換えになることでしょう

ファンド募集直後に一斉延滞なんていうのもありました

まともな金融事業者ならばおこらないことが普通におこる

手数料は自分の懐に

巨額の損失は投資家にかぶせましょう

担保があるようにみせて募集していたけれど実効性がありませんでした

実効性がないことなんて、もとからわかっていたけれどもね、投資家を安心させるためには担保があるって書くのが一番だよね

高利で借りてくれるんだって、潰れるかもしれないけどね

審査?なにそれおいしいの

とりあえずファンドページつくって貸しちゃおうってただそれだけさ

貸したあとのこと?そんなの知りませんよご自由に

代表取締役を辞めたし株を売っぱらったのであとは知りません

とりあえず反省してまーす

C わたしから言わせれば、募集者が悪いんです

M わたしから言わせれば、営業者が悪いんです

損失は、かわいそうな4000人の被害者につけておくとしましょうか

ではまた、次の会社で会いましょう

なんて妄想でした ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

リセッション入りした今だからこそ読んで欲しい2018年9月の記事です。

http://slbk.info/blog-entry-69.html

グッゲンハイム・パートナーズリセッション入りの時期の予想、結果としてほぼ当たりでした。

新型コロナウイルスがトリガーになるとは誰も予想していなかったとは思いますが。

私は日経平均15000円近辺が底だとみていますが、本当の底をよめたら苦労はありません。

そこまで下がらない可能性もあるので、

18000円を割ったあたりから資金投入していこうと思います。

見方を変えれば20年に一度のチャンスです。

ただ、まだまだ高いですね。15000円を割ってくれれば割安感が出るのですが。そこまで影響大きくなるかは神と製薬会社のみぞ知るところ。

個人的には含み損4割を超え、世間一般が耐えられなくなった時が買い時かなと思っています。

売り時を逃してしまった方もいらっしゃると思いますが、現状の含み損で右往左往しているようでは自身のリスク許容度と投資方針があっていないということですので、投入金額やアセットアロケーションを再考してみるとよいでしょう。

株価として含み損が出ようがその会社の経営を分析し、一定の収益がとれるとみているならそのまま持ち続ければいいだけです。

潰れなければ株券が紙切れになることはありませんから。

試されているのは握力です。

ただし、今後の景気はさらに悪くなる可能性は高いですし、倒産件数は確実に増えます。

株価自体も数割程度戻すのに、長期の年数が必要となる可能性は高く、元から株主優待目当てで長期保有の心算があるもの以外は損切りするというのも当面をしのぐやり方としてはあるでしょう。

NISAかつ市場連動型の投資信託であればホールド一択かと思います。

このような時、心を乱され右往左往するのが良くない。

はじめに決めた自身の投資方針に従い、機械的に処理してください。 ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ