元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

たまにはソーシャルレンディングから話題を変えましょう。

東証1部に上場したソフトバンクの初値が公開価格を下回りました

後からならなんとでも言えますので、何の責任も無い立場から、なんとでも言ってみようと思います。


株式投資について、あまり得意ではない私ですが、

これに関しては「見えている地雷」でした。

公募価格を下回る可能性は高いだろうなと思っていました


移動体通信業界は斜陽とまでは言いませんが、既に成熟産業です。

10年前、孫さんがパラダイムシフト云々と言っていた頃ならまだしも、成長期待が終わった上、さらに多額の有利子負債を抱えた現状です。

そんな中で、証券会社を巻き込んでの積極的な広告宣伝を打ちながらのIPO。

「抽選申込日まであと何日です」

とか

「ソフトバンクIPOにかかわるアンケート」

とか

こういうのやっていると知った時点で、

手を出してはいけないものだ」と直感的に感じました。

さらに、需要と供給のバランスを考えても、私のような一般投資家にも当選しそうな勢いの案件が、良いお値段をつけるワケがありません

回避して正解でした。

皆が手に届くところに金脈は無いということです。



というようなことを考えていると、投資できそうな案件ってなかなか無いんですよね。

たまにこれは良いなと思える案件があっても、私なんかが買えるような手の届くところには来ないわけです。

というわけで、地道にソーシャルレンディング投資をしていきます


別の投資手法としては、仮想通貨がありますが最近は長いことノーポジションを貫いています。

やはりボラリティが無くなって魅力が減少しました。

チャートを眺めていること自体は面白いのですが、手数料を考えると低いボラリティではポジションを持つ気がおきません。

ビットコインは、一度36万円台をつけたあと、2日もしないうちに43万円台付近まで上昇していますので、底で買えていればなかなかの儲けどころではありました。

溜まったショートを焼き切るために昇り龍へと変化することは大方予想できますが、ずっと下がり基調で来たので、底を精度よく読みきった人は少なかったのではないでしょうか。

今は43万円ですが、私の目線としてはやはり50万円付近なのです。

大勢の人が50万円台近くには戻りようがないと考え、ショートポジションを持ち始める時にこそ、大口たるクジラは予想を裏切ろうとしてくるのです。

しかし、漸減チャートを築いているビットコインにおいて、50万円台にまでもっていくだけの買付余力がクジラにあるかと言われると現実的でないような気もしてきます。

ということで、いつにもまして読みづらいチャートということもあり、正直わからない。

今はノーポジ大正義ということで、自らを納得させることにしています。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

目に見える地雷でしたね

2018.12.19 22:17 URL | エニート #- [ 編集 ]

エニート様

コメントありがとうございます。
私でも当たりそうなIPOということで、避けるが吉でしたね。危険な気がしても突撃してみたくなる時もありますが、やはり我慢するところはしないといけないなと思いました。

2018.12.19 22:25 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/122-2a8c750b