元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

久保田正清マネージャー案件。

遅延となりました。

期待してなかったですけれど、悪い意味で期待を裏切らない。

もともとの案件の期限を伸ばすために借換してさらにそれが遅延です。

ですが本案件を組成したのは、久保田正清マネージャーです。

株式会社リクレの代表取締役であらせられるお方です。

顔写真も公開しています。

瀧本憲治氏が投資家への説明責任を果たすことなく逃げ果せた(と対外的にはみえる)あとも、しっかり残ってお仕事されているお方です。

担保評価額は、9億円だそうですから、これが真実であるであれば、早いうちに7億5千万円を返していただけるかと。

>>理由としては、対象不動産と隣接建物との間隔が非常に狭く、解体工事完了後でなければ測量作業に入れなかったこと、北側隣地がマンションであり、各区分所有者への周知のため管理組合による立会までに数か月を要したこと、西側隣地については所有者連絡先の判明までに数か月、また判明後も、状況の説明を経て現地での立会に至るまでにさらに半年ほどの期間を要したことなどが挙げられ、確定測量まで完了したのは2019年4月のこととなりました。

これ、購入前にわからなかったとしたら、その不動産業者は、プロではないですね。銀行借入だったら期限内返済できない時点で、デフォルトですからね。

人の金をつかって貸し付けてるせいで、借り手も貸し手も甘い。ファンド募集の営業偏重で、審査を軽くみる風土があったのでは。

遅延起こしても回収がんばってくれるならいいけれど、そのほかの案件の体たらくをみていたら期待もできず。

一度約束を守れなかった人が半年後には守れる保証はどこにあるのだというのでしょう。

担保権実行して回収に取り組む姿勢だけでもみせてほしいものです。







事業者C社はそれができる立場ですから。 ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

いつもブログ見させていただいてます。
同じように今月期失になった品川案件についてはどう思われますか?

2019.09.03 17:27 URL | りんごりんご #- [ 編集 ]

りんごりんご さん

コメントありがとうございます。

品川案件は、売買契約は締結されていたものの買主が資金調達できず、契約解除となったものです。

新しい買主候補と契約締結に向けた交渉をしていると説明していますが、これもまた多段階のハードルがあり、新しい買主と売買契約の締結に至っても、その後買主が資金調達ができなければまた売買契約が解除されることになるでしょう。

買主が複数の金融機関に打診したのに資金調達ができないというのは、対象不動産の売り出し価格が金融機関の査定額に比べて高いか、買主のF/Sが審査に耐えられるものでなかったかのどちらかでしょう。

詳細がわからないのでなんとも言えませんが、長期戦になるのは覚悟しなければなりません。品川区のどこかはしりませんが、よほど立地が悪くなければ、いつかは売れるでしょう。maneoの担保評価はあまあまというか、別案件をみての個人的な心証として、担保評価という作業そのものをしておらず、業者言い値をそのまま採用していると考えています。うまくいけば全額返ってきますが、最大で7割程度の毀損はおりこんでおいたほうがよさそうです。

2019.09.04 06:01 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]

ご丁寧に
専門的なコメントで勉強になりました。
ソーシャルレンディング難しいですね。
そのくらいの損失覚悟しておきます
ありがとうございました。

2019.09.04 13:23 URL | りんごりんご #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/161-348f3d0d