元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

「除染事業ファンド」及び「公共コンサルファンド」についての進捗報告がありました。

口座差押えを行ったとのことですが、費用倒れに終わったということです。

想定通りの結果というところでしょうか。

さらに追加担保として提供を受けた土地の処分もいまだになされず、この状況が続くようであれば競売にかけるとのこと。

しかし、競売申立のための予納金と登録免許税で5百万円ほど必要となります。

当該物件は極度額8億4千万円の根抵当権にもかかわらず、土地を特定することが不能な(おそらく)筆界未定地。そしてなんと開発許可を受けなければ手をつけられない市街化調整区域。地目も山林と雑種地といういかにもな土地。

素人目にみても、誰が買うのこの物件?というようなところをMAXで8億4千万円の評価をとれますよと言っているわけです。極度額を設定する意味とはそういうことです。

今のところ、残念ながらただ回収に取り組みますよアピールしたいがためのものにしかみえません。

本案件は、通常の投資リスクによる貸し倒れの回収とはわけが違います。

16億円弱という巨額の投資家資金の不正流用という大問題に端を発しているわけです。
回収できなかったすいませんで終わる話ではないのです。

悪評がたつとホームページに掲載していた役員一覧を削除し、エーアイトラスト株式会からAI株式会社に商号変更。

山本幸雄氏に騙されたというスタンスをとっていますが、甘い審査によって、このような結果を招いている以上、実態としては審査をしていなかったと言われても仕方ありません。AI株式会社の責任は重大です。

せめて償いとして回収くらいはしっかりして欲しいものです。AI株式会社 松本卓也 代表取締役に期待です。回収よろしく頼みます。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

突然分配が止まってからというもの1円たりとも返ってきていないグリーンインフラレンディング。

https://jcservice.co.jp/news/20200520.pdf

募集額の85%の入金目処ということですが、いつ投資家のもとに返ってくるのでしょうか。

2018年に遅延が発生してからというもの、すでに2020年です。

単なる時間稼ぎではないというのなら、何分の一かでも返済があって然るべきではないでしょうか。

堂が歪んで経が読めぬ。

とばかり言う者は、金融業界では融資お断りの先と相場が決まっています。

コロナ問題が発生するまで多くの時間的猶予がありました。残念なことですね。 ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

クラウドリースがついに破産開始決定をうけました

一般投資家4000名の損失と引き換えになることでしょう

ファンド募集直後に一斉延滞なんていうのもありました

まともな金融事業者ならばおこらないことが普通におこる

手数料は自分の懐に

巨額の損失は投資家にかぶせましょう

担保があるようにみせて募集していたけれど実効性がありませんでした

実効性がないことなんて、もとからわかっていたけれどもね、投資家を安心させるためには担保があるって書くのが一番だよね

高利で借りてくれるんだって、潰れるかもしれないけどね

審査?なにそれおいしいの

とりあえずファンドページつくって貸しちゃおうってただそれだけさ

貸したあとのこと?そんなの知りませんよご自由に

代表取締役を辞めたし株を売っぱらったのであとは知りません

とりあえず反省してまーす

C わたしから言わせれば、募集者が悪いんです

M わたしから言わせれば、営業者が悪いんです

損失は、かわいそうな4000人の被害者につけておくとしましょうか

ではまた、次の会社で会いましょう

なんて妄想でした ↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ