元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

新規参入業者のご紹介です。Funds

Fundsは、ソーシャルレンディング業者そのものではなく、ファンド募集のプラットホームのようなものです。

Fundsは、大手ソーシャルレンディング比較サイトのクラウドポートが運営し、クラウドポートの審査を通過した企業しか参加できない仕組みです。

東証一部上場のアイフル株式会社、東証二部上場のデュアルタップなどが参加しています。

まさか国内大手のノンバンクが名を連ねているとは驚きました。

貸金業の本流たる企業なので、実績とノウハウが信頼できることは言うまでもありません。

本質が貸付である以上、ミドルリスクミドルリターンの投資であることには変わりはないでしょう。

ただ、昨今のソーシャルレンディング業界の事象にみられるような業者リスクは、本仕組みにより低減できるのではないかと考えています。

< ↓ 口座開設 ↓>
Funds


こういった新規参入の仕組みを取り入れつつ、通年での損益についてリカバリーをしていこうと思います。

※日頃心がけている通り投資判断は慎重に、ご自身で行なっていただくようお願いいたします。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

むかしむかし、あるところで。

あえて曖昧な言い回しとしますが、資金調達の手法の一つとして、

ソーシャルレンディング・クラウドファンディングに分類される資金調達方法をつかって借入をしている先をみたことがあります。


幾多の会社をみてきましたが、いわゆる通常の銀行以外からの借入をしている企業は案外少ないものです。

一般的な営業循環サイクルにおいての資金需要は、殆どの場合「銀行融資」で十分足ります。

それでも、そこからはみ出た資金需要は、リース会社や保険会社等、貸金業者等によって充足されます。

さらに、そこからはみ出た資金需要が、いわゆる「広義」の意味でのソーシャルレンディングの利用検討対象となるような気がします。


金額が大きすぎて、銀行のみでは対応できない場合。

シンジケート団を組むにしても、担保不足で融資が難しい場合。

資金需要の内容が先進的すぎて当たれば見返りは大きいが、外せば貸倒れのリスクが高く貸倒率を一定以下に抑えなければならない場合。

いろいろなパターンがあります。


あまりよくないパターンが「そもそもの業績が悪く、かなりの確率で返済が難しい思われる場合」です。

私がみたことがあるのは、このパターンでした。

ただし、銀行でも融資が絶対できないかと言うとそういうわけではありません。

しかしながら、長年利益が出ない状態が続いており、どこかの金融機関がリファイナンスと止めればその時点で資金ショートする状態でした。

そういった中で、さらに赤字が出て追加融資が必要、、、しかしながら、追加分まで対応してくれる銀行は無く、様々な資金調達手段に頼ったというところでしょう。


追加融資が必要な先も、トップによほどの決意があれば、利益が急激に改善する会社も中にはあるので、それこそ目利き力が必要とされます。


ソーシャルレンディングにおいては、匿名化が続いていますので、ソーシャルレンディング業者側の目利き力に頼るしかありません。

そもそも目利き(審査)をしていなかったのではないか、資金の区分管理をしていなかったのではないかと思われる業者も出てきています。

貸倒れのリスクがあるのは承知で投資はしていますが、何もお金を投げ捨てているつもりはありません。

投資家への十分な説明ができないソーシャルレンディング事業者には、早々に退場願いたいものです。


それでも私がソーシャルレンディングに投資し続ける理由は、

ソーシャルレンディング事業者が適切な審査・ファンドの管理をすれば、

投資家のリターンは必ずプラスになる

ということを信じているからに他なりません。

今の業界動向からすれば、一度も遅延したことが無い事業者よりも、むしろ遅延後の回収実績が良好な業者の方が良いと思ってしまいます。

遅延後の対応・実績をみながら、信頼できる業者にのみ投資していきます。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

このような異常事態が起こっている責任はどこにあるのでしょう。

全てmaneoファミリーという共通点がありますね。

maneoマーケット系列からの撤退を決めたのは間違いではありませんでした。

ガイアファンディングのように、嫌な予感がした時には遅く、資金回収が間に合わない可能性もあります。

今はただ、大事な資金がいち早く返済されることを願うのみです。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ