元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

お久しぶりです。

ブログ更新が滞っていたのは色々と調べものをしていた故です。

グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング、クラウドリース、トラストレンディングと詐欺と呼んでも差し支えないような遅延が続発してからというもの、

ソーシャルレンディングは、「投げ銭」であっても「投資」ではないなと思っておりました。

投資と投機は表裏一体とは言え、ソーシャルレンディングは投機の色が強すぎます。

しかもリターンは限りなく小さい。

投機ですらなく

わるいことをするひとたちへのきふのようなもの

なのかもしれません


遅きに失した感はありますが、一切の投資を中止し、只々回収を待つのみのスタンスです。

どんな高利回りのファンドが出ようとも、どんなに安全性が高いとアピールしようとも、

どうなに優良業者が出てこようとも、法整備がされ、各業者の実施体制が構築されるまで

ソーシャルレンディングというジャンルには一切投資しません。

maneo本体についても、1,100億円突破記念ローンファンドの遅延案件など、その回収率の低さといったら呆れてしまいます。

担保評価額の半分以下の回収率とは、それは担保評価額が虚偽だったということでしかありません。

不動産市況がどうとか言う理由は後付でしかありません。

今言えることは、何も考えず、投信の積立でもしていった方がはるかにマシなリターンになるだろうということです。

残念ながら、ソーシャルレンディングは損切させていただきます。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

http://www.takimotokenji.com/

https://www.crowdlease.jp/company/Greeting

https://trace-kelvin-chiu.hatenablog.com/entry/2019/02/04/130154

https://jcservice.co.jp/message/

https://www.sl-gakkou.com/detail/13/169.html

会社の代表者というのは、

リスクヘッジを兼ねて

別会社をたてたり

複数の会社の代表になっていたりするものです。

ソーシャルレンディング戦犯者の

名前、経歴、顔をおぼえた上で、

お金を返してもらえるまでは、

地獄の果てまで追いましょう。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ