元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

少し気が早いですが、11月中旬にTATERU Fundingからの分配金140万円+利息分を受け取る予定です。

私slbkは、TATERU Fundingを安全投資先として位置付けているため、私の資産配分の中では最大投資先となっておりました。

投資しているのは以下の2ファンドです。

20181028sl.png


私の資金力からすると140万円は大きな金額ですので、これを再投資するかもしくは徐々にフェードアウトさせてリスクオフとするかは重要な判断になります。

これに伴いソーシャルレンディング業者別の投資方針を決めました。

追加投資額の多い順にランキング形式といたします。



【ソーシャルレンディング業者別ランキング】
(追加投資額順)


1位 レンデックス
LENDEX

目標金額:30万円(+25万円
投資理由:担保評価額の80%を上限に貸付を行っている保全のかたさと、抵当権の順位別に異なる利回りを設定するスキームが好評。利回りも良く、安定した利益を確保していけるため。



2位 オーナーズブック
OwnersBook

目標金額:30万円(+20万円
投資理由:オーナーズブックを運営するロードスターキャピタルの財務状況が良好であることと、担保評価額も明瞭で、案件のかたさを評価しているため。



3位 クラウドバンク
クラウドバンク

目標金額:25万円(+15万円
投資理由:貸付期間と利回りのバランスの良さと、運営開始から今まで貸倒れ0件というファンドの安全性を評価しているため。



4位 SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

目標金額:100万円(+10万円
投資理由:コーポレートガバナンスが堅牢で信頼できることと、案件内容も担保がかたいものが多いこと、利回りが上昇傾向である上、最近は投資しやすさも良好であるため。



〃5位 クラウドクレジット

目標金額:5万円(+5万円
投資理由:(検討中)高利回りであるのは魅力的で、ファンド別の回収状況等を明示しており、情報開示姿勢には信頼がおける。一方で、海外向け案件が中心で、遅延が多いのは気になる。本格投資をしはじめるかは検討中。



〃5位 ポケットファンディング

目標金額:5万円(+5万円
投資理由:(検討中)事業規模はまだ小さいが、地域密着の優良案件を選定できる強みがある。遅延も0件と問題なし。担保評価がよりはっきり明示されるようになると良いなと思いつつ、投資検討中。


うーむ、リスクオフしすぎて分配予定額の140万円に全然届かない・・・・どうしましょう。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/103-7caff0d6