元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


(1)ガイアファンディング遅延案件の続報についての感想

11月2日に遅延しているガイアファンディングのテキサススターローンファンド関連についてお知らせがありました。

>>【開発許可取得について】
2018年10月末には開発許可がおりる見込みとお知らせいたしましたが、現在も開発許可の審査が続行している状況です。詳細につきましては、最終貸付先U社に確認後、改めてお知らせいたします。

こういう可能性もあると思っていたので、それほど驚きはありませんでした。

以前のお知らせで「2018年10月末には当局からの開発許可が降りる見込み」という報告がありましたが、開発許可がいつ下りるかというのは、基本的には申請側に開示されるものではないので、あくまで担当者ベースでヒアリングしたものを私たち投資家に伝えていたのだろうと想像しています。

当局側の都合で開発許可が遅れるのは仕方ないとは思います。

開発許可が遅れている理由が、申請者側の瑕疵でないことを祈りたいと思います。


(2)maneoの遅延案件については被弾を免れました

maneoの遅延が投資家界隈を騒がせていますが、私slbkが投資している案件はひとまず遅延を免れていました。

運用期間、利回り、担保状況、資金の使い道等はよく確認したうえで投資をしていますが、実際のところ募集要項だけをみて遅延の可能性が高い案件かを見分けるのはかなり難しいかと思われます。

案件内容の匿名化が続いている以上は、担保等での保全状況と案件の利回り等から案件のリスクを推測するほかないでしょう。

情報開示が進むことを期待したいですが、ソーシャルレンディング業者の中には、匿名での案件募集を継続したいという先もあるはずです。

匿名のファンドだからこそ成立している案件もあると思われます。

投資家、ソーシャルレンディング業者、借手の3者で、情報開示にどう折り合いをつけていくかが気になるところです。


(3)TATERU Fundingから財産管理報告書が届きました

HPのファンド進捗状況で満室が確認できていましたが、財産管理報告書内でも「稼働率100%」と記載がありました。

それとは別に「損益および利益分配」という項目や、「財産の状況」という項目があるのですが、どういうフローが背景にあって、その数値ができあがっているのか気になるところです。

結果として、無事に予定通りの年利4.7%の分配金をいただくことができたので満足です。

今月の分配にも期待しています。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/107-42b063f0