元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

市場が混乱している時は絶好の買い場です。

しかし、ソーシャルレンディングはそうではありません。

投資家は同士は、運命共同体なのです。

投資が成功するか否かは、最終需要者とコーディネーター(ソーシャルレンディング業者)にかかっています。

皆さま大方の予想通り、最終需要者があまりよろしくない先が多いということが昨今の遅延でよくわかってきました。

これにコーディネーターまでイマイチとなると返ってくるものも返ってきません。

回収力もコーディネーターの実力を図る上での重要なファクターです。

よくよくウォッチさせていただこうと思います。



さて、平成30年9月25日の時点で

その中で

>>今後も同様のこと(=遅延)が起こる可能性があると思われることから、maneoファミリーの看板を信じて、投資を続けていくことは自分の資産を守るには不適切と考え、グリーンインフラレンディング及びガイアファンディングの結果を見届けるまで(処理が終わるまで)一切の投資を中止する。

と記しました。


正直なところ少し大袈裟に書きすぎたかなとも思っていました。

maneoファミリーへの投資ネタが書けなくなるのはデメリットです。

しかしながら、私は投資判断は素早くする方なのです。

自分で決めたルールに従って行動することが必要です。

投資を継続するとしたTATERU Fundingは、利息とともに満額返済を頂きました。

投資を中止するとしたmaneoファミリーについては遅延当時から進捗がありません。

結果として、自分ルールに従って良かったと思っています。

素早い投資判断をしたとしても、ソーシャルレンディングからの撤退には時間がかかるわけですから、投資判断の早さが投資損失を抑える上でのメリットになりうるかといえば微妙なところです。

当初、maneoに50万円投資していたところ、今は残すところ10万円になりました。

早期返済があったので投資残高が大幅に減っております。

maneoは長年の返済実績があるわけですから、現状の遅延もクリアし、投資家がある程度納得できるかたちでクローズしてほしいと思います。

回収状況をウォッチして、一定以上の安全性が確保されていると判断すれば、再投資をする可能性はあります。

平穏が戻る日を首を長くして待つことにします。

↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

安全な投資手法と判断するまで、全面撤退もありだと思っています。ほんの1年前にmaneoとmaneoファミリーがダメだと予想していた人は少なかったかと。
現在大丈夫と言われているSL事業者が本当に大丈夫とどこまで言い切れるのでしょうか?。なので、全面撤退は正しい選択の1つと思います。私は危ないのが好きなので当分止める予定はありませんが^^;

2018.11.11 13:54 URL | けむけむ #RaJW5m0Q [ 編集 ]

けむけむ様

コメントありがとうございます。
漠然とした遅延に対する不安感はあったとしても、およそ一年前にこの状況を予知できていた人は少ないのではないでしょうか。
撤退ばかりでは収益を獲得することができないのが投資なので、攻守のバランスをとるのがとても難しいです。
現状の遅延確率でも元金の8割以上をコンスタントに回収してくれさえすれば、投資家としても安心できるのですが・・・

2018.11.11 20:00 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/109-a9e482e2