元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


リファイナンス案件ってリファイナンスせざるをえない理由が気になってあんまり積極的に投資できないですよね。

当初からリファイナンスありきの計画だったら良いのでしょうが、その場合は投資家側にも「この案件はリファイナンスありきです」と予め明示して欲しいですね。

それを伏せて募集していたのであれば、やはり問題ありです。

まあ最近は、いきなり全案件吹っ飛ぶのでリファイナンス云々というのは、些末な話にすぎません。


さて、9月に書いた記事です。

倒産する会社の兆候とは

の一丁目一番地


倒産する会社の兆候…


社長と連絡がとりにくくなる


うむ、私自身でこれを書いてしまっていますね。

そしてマネオマーケット社は、ガイアファンディング社CEOのケルビン・チウ(Kelvin Chiu)氏と連絡がとれていないようです。


いやいや、「連絡がとれていない」ではなくて、なんとしても連絡とるのがファンド募集者としての仕事というものでしょう。

電信的方法で連絡が無理なら直接現地に出向いて調査するのが当たり前の話じゃないでしょうか。

連絡がとれないって、一日に何回、何十回も着信があったら普通は気付きますよね。

それでも連絡がとれないということは、ケルビン氏も今回の件に関与していると考えるのが自然でしょう。

ケルビン氏の知らぬ存ぜぬところで起こっていることであれば、CEOとしてどうなんだという問題は別にして、連絡をとることくらいは可能なはずでしょう。

それとも、マネオマーケット社がケルビン氏への連絡を忘れていたうっかりさん説

又は

本当は連絡はついているけれど、クローズ策が見えないので連絡がつかないことにしている隠匿説

又は

ケルビン氏が、携帯電話の切電キーを連打している高橋名人説

なんて考えてしまいますね(笑)


さらに、ガイアファンディングからのメールで、米国の投資家資金によりリファイナンスを含め云々って書いてありますが、それができるなら最初から米国の投資家資金に投資してもらって案件を進めれば良かっただけの話です。

ガイアファンディングは期待をもたせるメールを送りつつ、やっぱり無理でした…として徐々にフェードアウトしようとする会社なので注意が必要です。

一斉遅延から一定日数が経過しました。

これだけの日数があれば上層部はことの真相を掴んでいなければなりません。

遅延〜回収までを考えるなら、それは時間との勝負です。

マネオマーケットさん、よろしく頼みますよ。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

>そしてマネオマーケット社は、ガイアファンディング社CEOのケルビン・チウ(Kelvin Chiu)氏と連絡がとれていないようです。

これマネオが言ってるのでしょうか?
元記事ありますか?

2018.11.29 11:34 URL | デフォルト名人1000 #- [ 編集 ]

maneoマーケット:「ガイアに聞いたけど教えてくれなかったんですう(俺には関係ない知るか)。定期的に確認します。(一応メールだけ送っとけばいいだろ)」

投資家が抱くmaneoのイメージ

2018.11.29 12:51 URL | tk #- [ 編集 ]

デフォルト名人1000 様

コメントありがとうございます。
遅延後に、私slbk自身が、maneoマーケット社へ直接問い合わせした内容からの判断ですから、元記事はありません。maneoマーケットの担当者も立場というものがありますから、当該内容について言明しているわけではないこと、本日現在では状況が変わっているかもしれない点にご留意ください。ちなみに、maneoマーケット社とガイアファンディングの担当同士「は」連絡がとれているようですよ。


tk様

コメントありがとうございます。
グリーンインフラレンディングの件もあるので、端的にいってその通りのイメージをもってしまいます。
実は、maneoマーケット社にはまだ心のどこかでは期待している面もあって、懸案を一挙に解決させて、今までの風評を覆してほしいと思っています。

2018.11.29 20:37 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/114-a47ea92d