元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


グリーンインフラレンディングによりファンド資金の返済について」 by 株式会社JCサービス

区分管理違反、さらには使途流用の可能性ありということで、当たり前ではありますが、投資家に満額返済しなければならない義務を負っているわけで、投資家としても一刻も早い返済を願っているわけです。

そういった思いとは別にして、

JCサービス社とmaneoマーケット社の子供喧嘩にいちいち右往左往するのも下らないなと思うようになってきたため、茶化しておしまいにします。

原因をつくったJCサービス社は決して褒められたものではありませんが、ホームページで経過を報告するなどしており、一応の仁義はきっています。

そうなってくると、仕事の遅さが際立つmaneoマーケット社へ非難が集中してしまうわけです。

あえてmaneoマーケット社の肩を持つなら、当局の改善命令のもと、意見表明するのには制約があるのかもしれませんが。

しかしながら、JCサービス社から名指しで「コイツが原因だ」と言われているわけです。

「一部案件の売却が済んだのに一切の分配ができていないのはmaneoマーケット社のせいだ」と。

システムを使わせない、分配しないという判断だとすれば、その理由を説明すれば良いだけの話です。

なぜ、沈黙を続けるのでしょうか。

もしかして

(投資家からの意見をスルーするのと同じように)

お手紙読まずに食べちゃった?!
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

mane男さんは今問題を抱えすぎていてそれどころじゃないんですよ笑
mane男:
どうせ行政処分をもう受けて後半年もゼロ報告メールでごまかしてきたんだしGIL投資家への分配なんて後回しで十分!下手に分配するよりこのまま様子見してから判断しよ!それよりもガイア問題をなんとかしねえとヤバイな😰また財務局に怒られて処分受ける。ヤッベ
という感じですかね

2018.12.22 14:32 URL | tk #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/125-d1f31acc