元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


私がmaneoファミリーからの完全撤退を宣言したのは、昨年9月のことでした。

この頃は、グリーンインフラレンディングの一斉遅延により、先行きに暗雲が立ち込めていたものの、まだ楽観的な見方をする人が多かった頃でした。

グリーンインフラレンディングとそれ以外のmaneoファミリーは分けて考えなければならないと。


ガイアファンディングの遅延報告。

当初はハリケーン被害により、当局の許可が遅れているだけという説明でした。

その説明が虚偽でなかったとすれば、今頃、許可はおりているはずでした。

ですが関係なかったはずの案件も含めて全案件遅延。

グリーンインフラレンディングに続きガイアファンディングもアウトです。

そして、弁明の更に弁明のメールに書いてあるたった一つの約束すら守れず。

グリーンインフラレンディングもガイアファンディングも担保があるはずなのに、返済額の最大化という虚言をはきながら一向に処分する気配がありません。


たとえば最近では、2018年4月に開発資金として募集したカリフォルニアファミリーホームDXファンド1-12号。

現在も「開発許可の申請中」だそうです。

つまり、何も進んでいない。

いや、何もしてこなかったということです。

返済予定時期はなんと1年以上も先の「2020年4月」だそうです。

あれ、これってそもそも「2019年9月」で終了の案件ではなかったでしたっけ。

とりあえず1年以上先の返済期限を設ければ、律儀な投資家の一部は待ってくれるかもしれませんね。

そして「2020年4月」

開発許可の取得が続いており…「2021年4月」まで延びます

ならまだ良い方で「破産により返済が叶わなくなりました」

ありえない話ではありません。


全案件でないにせよ、maneo本体、キャッシュフローファイナンスも遅延。

担保評価ってなにそれ美味しいの。


さて、一部では着々とmaneoマーケットに対する訴訟の準備が進んでいるようです。

私は現状の損失額からすればメリットがあまりないので参加しないことから、真相はわかりません。

ですが、今までのmaneoマーケット社の対応からして、投資家は我慢の限界です。

個人的にはまだ返済期限未到来の出資金がありますので、もうちょっと待って欲しい感がありますが、やるからには徹底的に、真相究明に役立って欲しいと思います。

maneo系列への私の出資金の一部は損切りの覚悟です。

第一には、maneoマーケット社主導のもと、自発的な早期の返済計画の提出と着実な実行が望まれます。

そうであれば、訴訟も回避できるはずです。

しかし、義務を果たせないのなら、訴訟となるのも自業自得というものです。

全投資家の利益に資するような法的手続きであって欲しいものです。

さて、1月も最終日ということで、前向きなご報告をお待ちしております。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/134-2979780f