元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


Funds
・クラウドポートの審査を通過した企業のみで構成
・少額単位で投資可能
・東証一部のアイフル案件は利回り1.8%
・LENDY案件は利回り6.0%。デュアルタップ案件は利回り5.0%
・それぞれ異なる業者が案件を組成しており、リスク分散ができている
Funds



② FANTAS funding
・不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディング
・FANTAS fundingが劣後出資者となっている
・20%の価格下落までは投資家の元本が守られる
・年間120以上のファンド組成を目指している
・利回り8.0%~10.0%と高い
・案件の詳細が開示されており、内容を精査した上で投資できる
FANTAS funding



③ CREAL
・不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディング
・一万円単位での投資が可能で、運用期間も6ヵ月等と短期が中心
・CREALが概ね出資額の1割を劣後出資
・ファンド物件の詳細が明示されている
CREAL



④ FOLIO (番外編: 単元未満株、テーマ投資)
・10社で構成されたテーマに10万円から投資が可能
・たとえば、インダストリアルロボット、キャッシュリッチ企業など
・入金手数料・出金手数料、運用手数料、口座管理手数料が不要
・業界最低水準の取引手数料0.5%のみで単元未満株への投資ができる
FOLIO



以上、案件の詳細がわかる不動産クラウドファンディング業者を上手につかいながら、投資先の分散に取り組みましょう。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/136-3f01dc6d