元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

今回の報告をみてわかりました。

おそらく終焉です。

批判を避けるため、個別案件のリスクが顕在化したかのようにみせているだけです。

異なる企業、異なる資金使途、異なる運用期間、異なる遅延理由。

なのに一斉に遅延。

それぞれ個別に管理されているはずなのに同時多発で発生。

これが個別案件のリスクに基づく遅延のわけがありません。

クラウドリースが不都合な真実を隠そうとしている。

投資家に損失を転嫁しようとしている。

そう遠くないうちに全ての案件が期失となるでしょう

以下の案件以外にも、貸付先がそれぞれ別の案件についても遅延が発生しています。


-------以下、引用-------

投資家の皆様へ

この度、下記融資案件について、2019年1月31日に元利金の未回収が発生いたしました。
株式会社CrowdLease(以下、当社)より対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、
以下のとおりご報告させていただきます。


1.融資案件の概要
ファンド名    プレミアムキャンペーンローンファンド70号 第1次募集~第8次募集
案件名    【事業者M社向け 第184弾】事業性ローンへの投資(6ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID    2601、2603~2609
貸付実行日   2018年7月31日
融資金額      \37,500,000 
最終返済日   2019年7月31日
URL        https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2601 他
残高      \37,500,000


2.経過
本件では、当社の関連会社である事業者Mが、食品卸売事業者TA(以下、事業者TA)に対し設備投資資金のリファイナンスを行うための資金として、
総額5,000万円を募集いたしました。事業者TAは、2018年8月以降約定の元利金の支払いを行って参りましたが、
1月末に想定していた取引先からの売掛金の回収について、複数社からの遅延が相次いだことから資金繰りに詰まり、その対応がしきれず延滞に至りました。


3.回収の見込み
本件の投資回収につきまして、事業者Mが取り得る方法は、募集時にお伝えしたように以下(1)~(3)が想定されます。
(1)事業者TAの取引先からの売掛金に対する集合債権譲渡担保による回収
(2)事業者TAの代表者に対する連帯保証債務の履行請求
(3)事業者TAとの公正証書に基づく金銭消費貸借契約を前提とした執行手続き
回収が遅延した売掛金につきましては事業者TAが取引先に折衝の上、回収業務を進めているとの報告を受けております。
その回収分につきましては、随時事業者Mに対する返済にも充当していくこととなります。
当社としましては、上記の方法により回収を進めていくという選択肢もございますが、売掛金を含む担保の範囲を見越して融資を実行してきたことから、
maneoマーケット社からは担保権実行による資金回収を要請されております。
それらを踏まえ、当社は事業者Mに対して回収を要請するとともに、投資家の皆様に適宜回収状況を報告して参ります。


4.今後の状況報告について
上記の回収方法を踏まえた対応につきまして、確定し次第状況のご報告をさせていただきます。
それ以降につきましては、お伝えすべき事項がございましたら適宜メールにて報告いたします。
遅くとも3月初旬までには経過を報告いたします。


5.その他
該当投資家の皆様の「MyPage」内の「運用予定表」には2019年2月5日までは「正常」と表示されます。
2019年2月6日以降は「期失」と表示されます。
「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2019年2月5日までは「運用中」と表示されます。
2019年2月6日以降は「期失」と表示されます。
上記「1.融資案件の概要」の案件につきましては、2019年1月31日の債務者からの元利金の未回収が発生しましたので、
2019年2月12日の分配日には、分配は行われません。


投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。

2019年2月5日
匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease(営業者)
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

-------引用完了-------


グリーンインフラレンディング、ガイアファンディングとあわせて、クラウドリースも仲間入りです。

そろそろ民事事件というレベル感を超えているような気がしますがいかがでしょうか。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/137-efc7f7fe