元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

平成30年度確定申告の準備が完了しました。

今年は、仮想通貨の利益、ソーシャルレンディングの利益、ふるさと納税による寄付金控除などなど、盛り沢山でした。

国税庁のHPにある確定申告書等作成コーナーをつかっていますが、便利なツールを提供してくれているなと改めて思います。

作成自体より、根拠資料集めに時間がかかりますね。

仮想通貨と違って、ソーシャルレンディングにおいては、年間取引報告書を発行してくれるのでとても計算が楽です。

仮想通貨においては、各取引履歴から利益を計算しなければならないので、手間がかかります。

グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング及びクラウドリースにつかまってトホホな平成30年度ではありましたが、どうせ返ってこないものならば(もちろん返して欲しいですが)、平成30年度の確定申告において、デフォルト処理まで出来れば良かったのになと思います。

平成30年度は、仮想通貨取引のみで、上記3社のデフォルト合計×3回分くらいは耐えられる利益が出ています。

仮想通貨であれば、含み損を強制決済すればその場で損失確定しますが、ソーシャルレンディングはデフォルトの判断も業者側に依存するのがダメですね。

せめて、法人決算のように、貸倒引当金が積めるようになれば良いのに。

平成31年度は、ボラリティが小さいため、仮想通貨の取引は殆どしない予定なのです。

よって、残されたソーシャルレンディング業者のみで、上記3社がデフォルトしても耐えうるだけの利益を出しておかなければなりません。


むかしむかし、国税に入られて、重加算税含めて数百万円以上をもっていかれている会社から相談を受けたことがあります。

数年後の忘れた頃にやってきます。

当たり前ですが、適切に申告しましょう。




↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/140-f72ebc61