元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


行政処分勧告の件でトラストレンディングへ問い合わせてみました。


うろ覚えなのでなので、正確性は担保できかねます。

ソーシャルレンディングの担保なんてあって無いようなものですから、私の記事にばかり正確性を求めるというのも不公平というものです。

効果があるとは露程も思っていませんが


伝えたこと

・証券取引等監視委員会による勧告を見る限り、本件は詐欺であり、被害者の立場であるのならば一刻も早く被害届を出すべきである。何ら被害届を出さない理由が無いにも関わらず、損害賠償請求の「提起」に留めていることは不可解であり、山本幸雄と共謀しているのではないかという疑いが残る。

・投資家の資金が流用された背景は、管理を怠ったエーアイトラスト株式会社の責任であり、重過失である。その責任を投資家に転嫁するのは全くもって理解できないし、転嫁したあかつきには、エーアイトラスト社を相手とした被害届が出される可能性がある。

・山本幸雄の就任経緯に大きな疑問が残る。取締役に就任させる時に身辺調査すらしていないのはあり得ない。役員名簿を頻繁に更新している会社にあって、山本幸雄の取締役就任時に何ら投資家に報告が無いのはこれを表に出せない事情があったのではないかとしか思えない。

・事情がどういったものであるにせよ本件は、投資家からすれば詐欺と相違ない。今後分配が遅れるようなことがあれば、訴訟に移行する投資家も出てくると思われる。



わかったこと

・高速道路案件(借入人A)は損害賠償請求を提起しており、来月から遅延がほぼ確定

・ほかの案件がどうなるかは現状不明であるが、証券取引等監視委員会の指摘がない案件については、分配を進めていく方針(→数回分配した後に止まりそうで怖い)

・除染案件は前回の処分によって、実態が無いことが判明しているが、高速道路案件と同様に、先月時点まで借手からの利払いはある模様(そもそも借入人はAではない)。つまり別事業の収益を利払いにまわしている様子。資金使途が当初と違うことから、エーアイトラスト社としては、一括返済を求めて提訴も視野としている。
 (→「最優先すべきは投資家への分配と元金の返済である。利息の支払いがある限り、無意味に回収可能性を自ら下げるような提訴をする必要も無い。現状でそのようなコメントや考えが出てくること自体が、遅延を視野に入れた出来レースではないかという疑いに繋がる。とにかく分配を第一に考えて欲しい。投資家サイドとしては遅延した時点で法的措置を検討せざるを得なくなる」と念押し)

・燃料ファンドは事業は実在する(→しかし、本ファンドについても資金の流出の可能性あり)

・代表取締役の松本 卓也氏は出社しており、関係各所との対応に奔走している(らしい)

・山本幸雄に総額いくら流出したか、また各ファンド毎にいくらが流出したかわかっていない。つまり被害がさらに拡大する恐れがある


指摘を免れた案件については、来月分配する方向性で進めているようです。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

同じ疑念を持ちました。
償還直前に訴訟。
償還ストップ狙い。
シナリオ通りでしょう。
プロですね彼ら。

2019.02.26 12:39 URL | レン #h2ltsOBo [ 編集 ]

詐欺です。
被害届を出すべきです。
山本幸雄を逮捕して、
エーアイトラスト株式会社も
全額投資家にかえすべき。

詐欺をしていたんだから!

2019.02.26 16:44 URL | #- [ 編集 ]

レン様

コメントありがとうございます。

状況だけみれば嵌め込まれた感があります。
故意でなかったとしてもトラストレンディングに大きな過失があるのは間違いありません。


名無し様

コメントありがとうございます。

元取締役が流用した云々というのは投資家にとって関係ない話です。遅延を見据えて、粛々と策を講じるまでです。

2019.02.27 07:01 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/145-d506d64d