元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


今日は、私slbkが過去の投資において失敗を重ね、ソーシャルレンディングに辿り着くまでのお話です。


私が「投資」の「真似事」を「はじめて」経験したのは、学生の頃です。

自分のお金を投資しているというプレッシャーや緊張感、収益を出した時の喜び、損失を出した時のあの絶望感。
今ならわかることも、当時は経験することもなく、知る術もありませんでした。だからあれは「真似事」でした。


それは授業の延長でバーチャル株式投資サイト等を活用し、投資成績を競い合うというものでした。

実際にはお金を入れないバーチャル投資です。

ゲーム感覚で遊びに近いものでしたが、初めての投資経験としてバーチャル投資はうってつけのものでした。

緊張感はありませんでしたが、投資成績が上位の者には、教授が美味しいものを奢ってくれるというご褒美が用意されていましたので、遊びだとしても、わりと真剣に取り組みました。

投資成果は概ね1カ月毎に確認されるので、ジャンルは株式の短期投資です。

私は、もうすぐ観光のハイシーズンが近づいていること、海外からの訪日客が増えているというニュースをみたこと、足元で値上がりの傾向にあったという理由から、JALの株式を大量に買付しました。

バーチャルなので100万円単位で買えてしまうのです。

はじめは、少し値上がりしました。はやり自分のヨミはあたっていたんだ。そう思いました。


しかし暫くすると値下がり。いやいや、そんなはずはない。もうちょっと待ってみよう。

・・・あれ、下がってきた。もうちょっと待ってみよう。


・・・その後どうなったと思いますか。JALは上場廃止になりました。


投資をはじめて行い、唯一選んだイチオシの株が上場廃止?

そんなことあるのか、、、嘘だろ、、、と思いました。


上場している株式なんていくらでもあるのに、自分がはじめて、自信をもって投資した銘柄が上場廃止になりました。


100万円単位で投資し、大きな損失を出し、ショックでした。

でも、救いがありました。

私が「はじめて」したこの「投資」は、全てバーチャルの「真似事」だったのです。

本当に100万円単位で損をしなくてよかった。心からそう思いました。



…それ以来。投資ときくと、何か胡散臭いものを感じていました。

「投資はしない」そう思っていました。

なにより投資をする元手となる資金もありませんでした。



それから少し月日が経って、次に投資というキーワードが頻出するようになったのは、就職してから暫く経ってからのことでした。

ある時、知り合いがスマートフォンを弄りながら、わりと上機嫌でした。

理由をきいたところ

「株式投資でだいぶ儲かった」と。


アベノミクスと言われはじめて久しいですが、当時は色々な株が値上がりしていました。

それでも私には過去の経験があり、投資は胡散臭いものと思っていました。

しかし、その他の人からも株で儲かったという話をきくにつれ、そして割引現在価値の概念を知り、再び投資をはじめることにしたのです。


それ以降は、自分のできる金額の範囲で投資を行ってきました。

仕事をしている平日は殆ど動かせないので、利益は殆ど出ませんでしたが。


<次葉に続く>


↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/15-58dd0b64