元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

<前葉の続き


そんな私が、再び投資に惹かれるようになったのは、昨年度の仮想通貨ブームでした。

私が仮想通貨市場に参入したのは、昨年度の中旬頃で、さほど早い時期ではありませんでした。

マーケティング用語で言うところの「アーリーマジョリティ」に区分される頃だったでしょうか。

その後、仮想通貨市場はバブルの様相を呈し、年末~年明けにかけて崩れ去ったのはご存知のことと思います。


それでも儲かりました。

はじめ1万円入れたものが、1時間もしないうちに1万1千円になりました。

そして4万円を追加投入しました。

次に10万円。まだまだ上がります。

次に35万円を投入しました。

合計50万円。

準備は万端だ、さあ値上がりしてくれ!!!



そう思っていました。

ふと、昔に私がした「投資」のことが頭をよぎりました。

「保有していた株式銘柄が上場廃止になったこと」

でも、今回は違います。

バーチャルではありませんし、自分で稼いだお金です。

仮想通貨の値下がり即ち損失です。


そんな時、仮想通貨業界における所謂チャイナショックがおきました。


中国は仮想通貨の取引において圧倒的なシェアを占めていました。

そんな中で、流れるICO規制と取引所閉鎖の噂。


当日は、チャートの動きに違和感がありました。

平時ならば、値下がりしたとしても、しばらく待っていれば値段が戻るのに。

今回は大きく値下がりしたまま値段が戻りません。


分かる人には分かる。

その通りです。

この世界は危険をいち早く察知し、対策を施した者のみが生き残れる世界です。



早い人は、異変に気づき、損切していたのでしょう。

私は、事情がわかるまで、値上がりするのを信じ続けてもっていました。

チャイナショックの時には約55万万円~60万円近辺だったビットコインの価格が、30万円近辺まで値下がりしました。


さて、私の投資金は約半分になってしまいました。

せっかく値上がりを楽しみにしていたのに現実とは厳しいものです。


その後は必死でした。損失分を取り返そうと、頻繁にロングポジションとショートポジションを切り替え、、、、

結果!!!!

最終的には50万円の資金が5万円になってしまいました。


取引所への手数料もとられるので当たり前かもしれませんね。

残った資金5万円を前に、考えました。

「私には投資は向いていない。この5万円が尽きたら一切の投資から手をひこう。」


人によってはせいぜい50万円で済む話かもしれませんし、笑いながら「くれてやるっ」と言える方もいらっしゃると思います。

私にとっても50万円は、致命傷を負う金額ではありません。

しかしながら、致命傷ではないけれど、深手を負うには十分な額でした。


・・・それからと言うもの、まずは一日数時間はチャートを見続ける事1ヵ月、チャート関連の本を読みあさること1ヵ月、ブログ等を含め情報収集に勤しむこと1ヵ月、新しいアルトコインの発掘に努める事1ヵ月、少額でのトレードシミュレーションを行うこと1ヵ月。実はこの1ヵ月間は全て同じ期間に行いました。



そして満を持して、元手5万円からトレードを開始しました。

常に冷静でいられる金額で、

「(1)総資産の半分までを投資上限としこれを超えてはならない」

チャートの天井(バブル崩壊)を見極め、

「(2)或る投資手法が大衆のものとなったらその投資手法からは撤退する」

ポジションを持つときは慎重に、そして損切するかの判断は一瞬で行う。

「(3)事前準備には時間をかけ判断は瞬時に下す」

これを徹底することで、5万円が100万円以上になりました。


そして、確定申告もはじめて経験しました。

チャートを眺めていた時間は相当なものになりますし、労力もひとしおです。

自分ルールを貫くことで投資成果が出ているという事実はとても喜ばしいことであります。


かつてバーチャル世界で上場廃止を経験した頃と比べて、自分の投資スタイルと相場観に自信を持てるようになりました。

収益が出ているという客観的な事実が、それを支持してくれています。


ではなぜ、今では仮想通貨の金額を減らし、ソーシャルレンディング投資を増やす方針としたのでしょうか。

それは、以前の記事H30.8.14「ソーシャルレンディングと仮想通貨」に記載した通り、市場のボラリティの低下と、チャートに張り付く時間が勿体ないと感じるようになったからです。

特に時間的には、チャートに張り付いている時間を何か別のことに使いたい。たとえばこのブログとか。そう思うようになったのです。


ソーシャルレンディングは価格変動がなく、日々一喜一憂しなくて済みます。
仮想通貨は、いい日もあれば悪い日もあります。

ですから、ソーシャルレンディングを主体として、仮想通貨や投資信託、財テクを活用して、最適ポートフォリオの構築を目指しているのです。

これにより精神的な安定を保ちつつ、収益の最大化を図っていきたいと思います。


私がソーシャルレンディングに安住の地を求めたのは、過去の暴落に巻き込まれた経験があるからです。

その後、事前準備をしっかり行い、元手を上回るリターンを得ることができましたが、やはり仮想通貨における精神的な疲労は少なくありませんでした。

だからこそ、価格変動がないソーシャルレンディングに辿り着いたのです。


ソーシャルレンディングこそが安住の地であることを信じ、「自分なりの予想」をした上で、ソーシャルレンディング投資をしていこうと思います。


投資にまわせる資金がまだまだ少ない私ですが、だからこそ企業と案件は慎重に選び、時には少し冒険もしていきます。

ソーシャルレンディング業界の発展と、皆様の投資のご好運を祈り、「全案件の無事の返済を祈り」、結びとさせていただきます。



↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/16-338b8881