元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

「除染事業ファンド」及び「公共コンサルファンド」についての進捗報告がありました。

口座差押えを行ったとのことですが、費用倒れに終わったということです。

想定通りの結果というところでしょうか。

さらに追加担保として提供を受けた土地の処分もいまだになされず、この状況が続くようであれば競売にかけるとのこと。

しかし、競売申立のための予納金と登録免許税で5百万円ほど必要となります。

当該物件は極度額8億4千万円の根抵当権にもかかわらず、土地を特定することが不能な(おそらく)筆界未定地。そしてなんと開発許可を受けなければ手をつけられない市街化調整区域。地目も山林と雑種地といういかにもな土地。

素人目にみても、誰が買うのこの物件?というようなところをMAXで8億4千万円の評価をとれますよと言っているわけです。極度額を設定する意味とはそういうことです。

今のところ、残念ながらただ回収に取り組みますよアピールしたいがためのものにしかみえません。

本案件は、通常の投資リスクによる貸し倒れの回収とはわけが違います。

16億円弱という巨額の投資家資金の不正流用という大問題に端を発しているわけです。
回収できなかったすいませんで終わる話ではないのです。

悪評がたつとホームページに掲載していた役員一覧を削除し、エーアイトラスト株式会からAI株式会社に商号変更。

山本幸雄氏に騙されたというスタンスをとっていますが、甘い審査によって、このような結果を招いている以上、実態としては審査をしていなかったと言われても仕方ありません。AI株式会社の責任は重大です。

せめて償いとして回収くらいはしっかりして欲しいものです。AI株式会社 松本卓也 代表取締役に期待です。回収よろしく頼みます。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

プロのお見立てによる唯一の記事と存じております。いつもありがとうございます。
貸金業として審査は例え銀行でなくてもするのは当たり前だと思いますし、現に利用規約には審査が明記されています。当該社の場合、無審査であったとしかいいようがない結果が現れています。数億、数十億の融資の際に信用調査が実施されていないとなると、致命的な落ち度になると窺われますがいかがお考えでしょうか?銀行であれば
リサーチ会社の調査の依頼は必須要項かと存じます。

2020.09.15 07:46 URL | 沙羅 #h2ltsOBo [ 編集 ]

沙羅 様

コメントありがとうございます。
過分なお言葉をいただき痛み入ります。
さて、結果をみれば、一般的な金融機関が行う審査とよばれる類のものはしていなかったのではないかと推察されます。おっしゃるとおり、これは致命的な落ち度です。しかし、投資家への情報開示をひた隠しにする中、審査をしていなかったことを投資家側が証明するのは内部リークなどない限り難しいと思われます。
私は、審査上の瑕疵に加え、虚偽募集で損害を与えた事実がより重要と考えています。そもそも募集要項の事業自体が存在しなかったことが、当局より指摘されています。リサーチ会社は基本動作として利用すべきですが、本件のようなクローズドな案件では成果物はあまり期待できないでしょう。総じて本件がお咎めなく終わるなら、SLは真に無法地帯と言えましょう。

2020.09.15 23:15 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/169-3928bc03