元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


SBIソーシャルレンディングの不動産バイヤーズローンファンドに投資しました。

10万円入れかけましたが、「分散分散・・・」と唱えることにより5万円の投資にとどめました。
20180821sbisl.png


参加することに意味がある、もはやそんな風に思えてきました。

合計3億2千万円の募集でしたので、枠が埋まるまであっという間でしたね。

今回の申込を含めて、SBIソーシャルレンディングへの総投資額は、約80万円になりました。


私slbkは、どちらかといえば預託金口座が無いほうが好みです。

分配日に直接自分の口座へ分配金が入る方が、分配を受けている実感が持てますし、

その他のソーシャルレンディング業者への分散もしやすいのです。

ですから、預託金口座があり、送金依頼に手数料がかかる業者よりも、預託金口座が無く直接自分の口座に分配をしてくれる業者への投資の方が、どちらかといえばしやすく、投資総額も気づけば多くなっています。


明日は、いよいよ「夏の三連戦」ラストゲーム。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPLUS19号、8月22日午前10時プレーボールです。


私slbkにとっては、不動産担保ローン事業者ファンドが大本命です。

担保保全、貸付期間、安定感、どれをとってもバランスがいいのです。

しかしながら、今まで不動産担保ローン事業者ファンドに多額の投資をしてきました。

ファンドの貸付先が似通った業者の可能性もゼロではありません。

可能性は低いと思っていますが、酷使しすぎると将来的な故障の可能性もあります。


効果は僅かですが、投資時期を重ならないようにするのも一つのリスク分散です。

明日の募集は、私slbkは、指をくわえて見守ることにいたします。


↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.08.22 10:57  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/20-0d46f1d8