元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


ようやく70万円台に下がってきました。

ショートポジションの利確をしました。


このブログでは、INタイミングとポジションを公開してトレードしています。

過去記事をみて頂ければわかる通り、

ブログをはじめてからの成績は、

3戦3勝0敗となります。

ひとまずは、予想が当たってくれているということになります。


1回目  ロングポジション
674,000円→711,000円(+37,000円)

2回目  ロングポジション
715,500円→729,000円(+13,500円)

3回目(今回)  ショートポジション
807,000円→782,000円(+25,000円)


今回のポジションの詳細としては、前回記事「【仮想通貨】ショートポジションでINしました」の通りです。

今回は、ポジションに自信がもてない面もありましたが、無事にクジラがガラを起こしてくださいました。

20180905crypto.png

 

ショートポジション 807,000円→782,000円

+25,000円の値幅をいただくことができました。

いつも通り0.5btc以下でのINでしたので、利益は多くはありませんが、今後も少額コツコツを繰り返していきます。

9月2日21:20分→9月5日21:10分の利確でしたので、およそ3日間もポジションを持ち続けてきたことになります。

途中で、82万円台に突入したときは、この基調が定着してしまわないか心配でしたが、

クジラが下げてくるだろうという最初の「妄想」を最後まで信じ続けたことは、結果として正解でした。

寝ている間に焼かれずに済んだのは単に運が良かっただけでしょう。

最近は値動きが少ないので、1日以上持ち越すトレードスタイルに自然と変わってきています。

結果からみれば、今回の正解は、82万円でショートを打ち込んだ方々でした。おめでとうございます。

80万7千円でショートを打ち込んだ私は、少し忍耐が足りなかったようです。

仮想通貨は、「大口投資家の心理を読めるかどうか」という要素が大きく、万人にお勧めできるわけではありません。

トレードには、大口の心理を読み取る力、チャート分析、損切ポイントを見極める力が必要となってきますが、それは「慣れ」の一言で片付けることができる話でもあります。

私も当初は、大口に往復ビンタを食らわされて、大幅マイナスのダメージを負ったものでした。

しかし、今では、恒常的に利益を出し続けることができる投資手法の一つとなっています。

それなりのリスクはあるので私からはお勧めすることはしませんが、もしも新たに口座開設を検討している方がいらっしゃれば、下記のスポンサーリンクから手数料等を比較検討した上で、口座開設していただけると嬉しいです。

長めの記事にはなりますが、トレードのコツについては「【仮想通貨】投資の勘所」に記載していますので、宜しければご覧ください。

取引所について、はじめのうちは「現物取引」の手数料がなるべく安いところに決めるのが良いと思います。


・GMOコイン

GMOコイン


・DMM Bitcoin

DMM Bitcoin


・QUOINEX

QUOINEX


↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/43-b0209ed0