元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

zaif、お前もか。



Coincheckに続いて、取引所zaifもハッキング被害により67億円相当が流出しました。

「流出した約67億円相当の仮想通貨のうち、同社の資産は約22億円、顧客の預かり資産は約45億円。」

今年に入ってからzaifは資本金を1億円に減資しています。

資本金と比べても、この流出額は自社のみで補填できる金額ではありません。


Coincheckの二の舞は避けようと

「フィスコから50億円の金融支援を受けることを発表。」

と策を講じていますので、一先ずは大丈夫そうです。



さて、今まで散々色々な事件がおこり、仮想通貨の投資家のメンタルは相当に鍛えられてきました。

今回のニュースをみても、特に驚きはないようです。

zaifトークン以外は、値動きへの影響も無さそうです。

zaifのチャット欄をみても、実に落ち着いています。

言ってしまえば投資家にとって、今回のことは想定内のことであったわけです。

Coincheck事件が起きるよりも先にやらかすのは、zaifだろうといわれていたくらいです。

私も複数の取引所で口座を開設していますが、その一つとしてzaifも利用しており、現金残高もありますが、出金申請したりはしていません。

どちらかというと、いままで取引手数料無料であったところから、今回の件をきっかけにしれっと手数料0.1%にしているところが大問題です。

このタイミングで一度、各取引所の取引手数料、信用取引手数料、借入手数料等を比較してみて、より手数料が安い取引所を中心につかっていこうと思います。
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/63-f4cdbb8a