元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


ある時、誰かが言いました

「ビットコインに価値は無く、セリング・クライマックスが起きる日は近い」と。

一方で、価格推移をみてみると、70万円割れを試しはするものの、セリング・クライマックスが起きる様子は一向になく、寧ろ上昇チャートを描きたがっている様子さえあります。

20180930crypto.jpeg

正直に言えば、いまだにビットコインがこの価格を維持できているということが不思議でなりません。


市場からは多くの一般プレイヤーが撤退を余儀なくされ、かつてのように「決済手段」としての価値を期待する者も殆どいなくなりました。

ブロックチェーンの技術自体は研究が続けられていますが、ビットコイン自体をつかってどうこうしようという話もきかなくなりました。


これらを踏まえれば、70万円というビットコインの価格は適正価格とは言えないでしょう。

電子データということを考えれば、そもそも値段などあってないようなものですが、

個人的な感覚としては、今の価格は「信じられないくらいの割高」です。

日常生活における決済手段として「役立つ」可能性は殆どないのですから。


ですが、心情面は別にして、

実は、もしかすると「ビットコインは今の価格で安定するのではないか」とも思っています。


なぜなら「価値保存」の手段として、ビットコインの信頼性は揺るぎないものだからです。

決済手段などへの「実用化」という面では旬は終わりましたが、ブロックチェーン技術という「取引の真実性を担保する仕組み」への信頼は揺るぎなく、発行上限が定められているため「価値保存」の要件を満たしています。


ハッキング事件等で問題になるように取引所そのものには、セキリティ上の脆弱性リスクがありますが、ハードウォレットで保管等をすれば、金額にして数百億円ですらポケットに入れて持ち運びができます。違う国同士の取引においても、わざわざ銀行に高い手数料を払って送金・両替をする必要がありません。

どこか特定の国の通貨で「価値を保存」するのに比べ、地政学的リスクの影響を受けることもありません。


よく言われる「価格変動」の大きさは、近年落ち着いています。

それに「価値」を特定の国の通貨で保有していても、金などの実物資産で保有していても、価格変動の影響を受けますので、ボラリティの大きさを除けば、ビットコインとてさほど変わりありません。



日常生活における実用面での期待があまりもてず、心情的にはかなり割高に思えるビットコインですが、70万円台を維持できているのは、「価値保存」の手段としてビットコインそのものが評価されているからだと考えています。

単に投機対象の手段だけであるならば、もう少し低い価格帯での乱高下となってもおかしくないでしょう。

価格は需要と供給により決定されますが、私が思っている以上に「特定の国の通貨以外のかたちで資産をもっておきたい」という需要は高いようです。



セリング・クライマックスを狙って、全力ショートポジションの準備をしていた時期もありました。

さてこのショートポジションのボタン、一体いつクリックすればいいのでしょう。


当サイトでもいくつかリンクを貼っていますが、仮想通貨取引において初心者が最も優先すべきことは決まっています。それは「手数料が安いこと」です。業界最安値水準の業者を一社紹介いたします。

Liquid
Liquid by Quoine

私と一緒に、きたるべきセリング・クライマックスでの逆張りチャンスを狙ってみませんか!?

(この記事の要旨からすればこないですが・・・。こないと予想したならば、ロングポジションでINするか、現物買いをすれば良いだけの簡単なお仕事です。)
↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/79-70d58b44