元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。


ソーシャルレンディングの戦場で被弾し、収支トントンとなってしまいそうなため、やむをえず古巣の戦場(仮想通貨)に戻ることも検討しています。

現実逃避のため、まずは私slbkが口座開設をしている仮想通貨の取引所を数えてみました。


いち、に、さん、、、、ご、、、、じゅう!?

改めて数えてみると、なんと10カ所の取引所で口座開設をしていました。

仮想通貨界隈において、取引所の口座開設数は、戦闘力の証でもあります。

口座開設したものの1度も取引していない口座も複数あります。

それにしても、いつの間にこんなに口座が増えたんだ・・・。

全て自分で開設したものですが、ちょっと熱中しすぎていたようです。



もちろんこれだけ口座をつくっているわけなので、口座開設の時に必要となる免許証やセルフィー画像は整理してPCに格納してあり、1つの新しい口座を開設するのに5分もかかりません。

セキュリティ対策のための二段階認証アプリ「Authenticator」での認証登録数も増え、縦一列に並んだセキュリティー番号が30秒毎に一斉に変わるのは、見ていて笑えます。

なんでこんなに開設したんだろう・・・。



メイン取引所も時勢にあわせて変えてきましたが、Zaifをメインに使っていた時期が長かったかもしれません。

その心はと言われれば、一貫していて「手数料が安いこと」に尽きます。

長期でポジションを保有するならば別ですが、私の場合は比較的短期での取引が得意でしたので、頻繁にポジションを切り替えます。

その度に手数料がかかっていては、勿体なくてしかたがありません。



現物取引の手数料無料を長らく貫いてきたzaifですが、先日のハッキング事件を受けて、しれっと手数料がかかるようになりました。

経営戦略として全く問題ありませんが、一人の投資家としてはより手数料が安い取引所に移行するのみです。

ちなみに、私の以前のブログでは、よくコインチェックアプリでのスクリーンショットを載せていますが、単にチャートが見やすいので使っているだけであり、今現在はコインチェックでの取引はしていませんのでご注意ください。



先ほど、手数料の安いところに移行すると書きましたが、現在私知る限り、レバレッジ取引の手数料が最も安いのは、Liquidになります。

私は、名称がQUOINEXの頃から知っており、資本金の額もビットフライヤーに次ぐ規模なのですが、UIがどことなく玄人向けの雰囲気を醸し出しているからか、何故か一般ユーザーからの知名度は低いようです。

私の考えは、たとえ初心者であっても優先すべきなのは初心者向けのデザインではなく、とにかく手数料が安いことです。

レバレッジ手数料0.05%というところはありますが、Liquidはレバレッジ手数料がその半分の0.025%です。金額の大きな取引をする場合、この差は地味にきいてきます。


そのうえで、レバレッジ25倍取引まで可能とはやる気が感じられます。

4万円で25倍の100万円までの取引が出来てしまうこということです。
(初心者の方でしたら、レバレッジは最大でも5倍までに留めたほうがよいでしょう)

私もハイレバレッジでの取引は、確実な勝利が見えている大チャンスの時にしかやりません。

安全面と言えば、顧客の仮想通貨の100%をコールドウォレットで保管しているのを宣言しているので、それを信じましょう。



ご参考まで、私の調子いい時のトレード履歴を貼ります。


20180930crypto01.png 


少額ではありますが、8回INして8回とも利益が出ています。


このトレード履歴から「運」の要素が強いと言われる仮想通貨投資においても「経験」を積むことで勝率を高め、利益を確保していくことが可能であるということが分かるかと思います。


<口座開設リンク>

Liquid by Quoine

Liquid by Quoine



↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/80-eb736bb6