元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

今年も、ふるさと納税の最盛期がやってまいりました。本年度分の寄付はお済みでしょうか。

さとふる


この時期にふるさと納税をされる方が多いというのは、今年の収入見込みや、各種控除の予定がだいたい出揃う時期であるからだと思います。

ソーシャルレンディングの所得が20万円以上となる方は、どのみち確定申告が必要ですので、ふるさと納税後に送られてくる寄付金受領証明書を一緒に添付するくらい訳ないことです。

確定申告の必要が無い方も、ワンストップ特例制度を利用し、「寄付金控除に係る申告特例申請書」をちょちょいと書いて提出すれば税金控除完了でございます。


以前、親類にふるさと納税をすすめたことがあるのですが「面倒くさそう」というイメージ先行で、ふるさと納税の手続きをしていませんでした。

今はワンストップ特例制度が創設されとり、確定申告をしなくて済むことを知らなかったようです。

自己負担2,000円のみで返礼品がもらえるというのに、なんだか勿体なかったですね。

別件のお祝いとして、ふるさと納税の返礼品を親類宅に直送したら、たいそう喜んでくれました。

自分ではふるさと納税の手続きをしていなかったとしても、返礼品を人からもらうのはやはり嬉しいようです(笑)

自分で返礼品を受け取るのも良いですが、送料もかからないことですし、どちらかというと贈答品として日頃お世話になっている人に直送してあげるというのも賢い使い方ではないかと思います。


私の場合、今年のふるさと納税として、3つの自治体にそれぞれ1万円ずつ寄付しています。

控除上限額に達していないため、更に12月末までに追加で寄付する予定です。

今のところ(1)山梨県笛吹市の桃、(2)静岡県小山町のサーティーワンアイスクリーム商品券、(3)北海道北竜町のメロンを返礼品で貰っていますが、どれも満足いくものでした。

体感でいくと寄付額の4割分くらいの商品が送られてくるイメージです。

サーティーワンアイスクリームの商品券は寄付額1万円に対して4千円分が送られてきたので、きっかし4割の返礼ですね。

寄付金の支払いにはクレジットカードを使っているので、ポイントがつきます。

今年度もあと3ヵ月で終わりです。

得することはあれど損することは無い制度ですので、寄付が未了の方は、今のうちに済ませてしまいましょう(寄付金額は、下記のサイトで計算できます)

さとふる

さとふる


↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/87-dc0f05b2