元銀行員のソーシャルレンディング投資実践録

元銀行員の立場からソーシャルレンディング投資を主力として投資信託、仮想通貨を含めたポートフォリオ構築を目指します。

先日、キャッシュフローファイナンスでも遅延がありました。

本来は分散投資をすればするほど、安定した収益が出るはずなのにそうではない・・・。

今のソーシャルレンディング業界は、ロシアンルーレットの様相を呈していると言わざるをえない面があります。

分散投資に取り組んでいる人ほど収益がマイナスに近づいてしまうというのは残念なことです。



分散投資をしていたにも関わらず、期待収益がマイナスに近づいているとすれば、即ちソーシャルレンディング全体の投資環境が良くないということに他なりません。

それでも一発退場を避けるために、分散投資は続けなければなりません。

分散投資をしつつ鋭い嗅覚をもって遅延を回避し続けられる人こそが、ソーシャルレンディングに向いている人であり、目利き力がある人なのでしょう。

ですが今の情報開示が限定的な投資環境においては、目利き力というよりも、どちらかというと運の要素が大きいような気がしています。



現在の経済環境でこの遅延件数ですから、リセッションが来た時は現在の比ではない件数となるでしょう。

何せソーシャルレンディングはまだ一度もリセッションを経験していないのですから。

分散投資は続けながらも、投資する業者はある程度絞らなければなりませんね。


以前の記事にも記載した通り、私slbkは、maneoファミリーから撤退中です。

私はグリーンインフラレンディングとガイアファンディングで被弾しているので、これもまた運かもしれませんが、もしキャッシュフローファイナンスに投資をしていたならば、遂には年間損益がマイナスに転じていた可能性もありました。



私は一応のところ、キャッシュフローファイナンスい対しては、理由があって投資をしていませんでした。

簡単な理由ですが、それは公開されている決算書において、赤字幅が私が想定しているより大きく、債務超過だったからです。

サービス開始が2017年2月ということを考えれば、創業赤字となるのは仕方ない面があるのですが、売上2,000万円に対して、いきなりマイナス3,000万円の赤字を出すのは、だいぶ破天荒です。

販売費および一般管理費がかかりすぎているような気がしていますが、一体どのような企業活動が背景にあったのでしょうか。

銀行での融資においていえば、創業期にこれくらいの赤字を出している企業に対しても融資することはあり得ます。もちろん、十分に事業計画を精査した上での話です。

ですが、ソーシャルレンディング業者は、基本的には簡単な決算概況をHPで公開しているのみですから、あくまでも与えられた情報から判断するしかありません。

この財務内容の会社への投資判断は、今のところ否でした。
(※今回の遅延は、個別ファンドの遅延なので、事業者リスクはあまり関係ありません)

しかし、赤字決算に至った理由と今後の事業計画の見通しについて、HPにでも掲載してくれれば、投資するという判断に切り替えられる可能性はあります。

なぜなら、キャッシュフローファイナンスのように赤字決算でも決算書を公開しているのは、どちらかというと誠実な部類の企業と言えるからです。



もっともリスクが高いのは、決算書を公開していないソーシャルレンディング業者です。

私は、決算書を全く公開していないソーシャルレンディング業者については、利回りが良くてもメインの投資先にしないと決めています。

投資家から出資金を受け入れる身であれば、簡単な決算概要くらいは公開して欲しいものです。

決算書を公開していないソーシャルレンディング事業者と赤字幅が大きいソーシャルレンディング事業者については、私のリスク許容度の範囲内(今のところ10万円以下の投資金額)に抑えようと思います。


↓気に入った記事があればクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

まったくです。
キャッシュフローファイナンスの決算報告書をみて愕然としたのを覚えています。

その時期はクラウドクレジットも良くなかったのですが、バックに伊藤忠がついており、さらに社会インパクト投資という名の下に次々と資金調達ができるというが見えたため、キャッシュフローファイナンスへの投資は見送り、クラウドクレジットへの投資は継続しました。
しかしやはり利回り10%をこえる業者についてはやはり信頼度は低いのでは?というのが私の感想です。

p.s
まったく関係ないことですが、slbk様と私はほぼ同い年だと思います。
私以外で20代でソーシャルレンディングブログをされている方があまりいなかったので、個人的に仲間ができたと心強く思っています。笑

2018.10.08 16:37 URL | エニート #- [ 編集 ]

エニート様

コメントありがとうございます。
赤字決算だからと言って投資を控えてしまえば、投資できる先が減ってしまうので、その業者の事業規模と赤字額をみて決めるほうが良さそうですね。
おっしゃる通り、クラウドクレジットの出資企業群は、なかなかに壮観ですね。
現状をみるかぎり、10%の利回りが一つの閾値になってしまっていますね。

エニート様も20代だったのですね。同年代で投資の話ができる仲間があまりいなかったので心強いです。

ソーシャルレンディングは、今のところ波瀾万丈な投資環境にありますが、その将来性を強く信じていますので、投資は続けていきます。引き続きよろしくお願いいたします。

2018.10.08 17:33 URL | slbk #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slbk.info/tb.php/88-9e7e7008